Posted by at

2018年05月18日

いつのまにかニキビができたということは

いつのまにかニキビができたということは。キメの細かいみずみずしい肌といえば憧れの的ですが、このキメというのは肌の上に見られる皮溝という細い溝のようになった線と、皮溝が囲む、皮丘という盛り上がり部分から成る模様のことを言います。

よくいう「キメが整った肌」は皮丘部分がそれぞれ水分を含んでふくらみ、形は同じような大きさに揃っています。しかし、皮膚組織のうち、一番表面の位置にある表皮が水分を失い、乾燥しきって荒れてしまうと、皮丘は形を崩し、キメは粗くなります。表皮の荒れを放置しておくと、表皮の持つバリアの機能もどんどん低下しますから、すぐ下にある真皮もダメージを受けてしまいます。真皮がダメージを受けてしまうと、真皮の働きは肌を支える土台ですから、土台が損傷を受けることで肌は支えを失い、表面にはシワができます。

思春期になるとニキビがでやすく、乳児にはみられません。。赤ちゃんに度々起きるのは、よく聞くのはオムツかぶれなどのかぶれですよね。

赤ちゃんの肌は、とても繊細で、すぐにかぶれが起きてしまいます。ニキビとかぶれには違いがあります。赤ちゃんの肌に何か異常ができてしまったら、できるだけ早く医師の診察を受けてもらってください。

ニキビの根本は、ホルモンの分泌がとても多いことにあるのではないかと言われています。そのため、成長期にニキビが出来てしまうのです。

ニキビを出来にくくするにはたくさんあります。

中でもその一つが、毎日同じ睡眠時間をキープする事です。これは、ヘルシーライフに直結します。



日頃から顔を洗って綺麗な状態にしていても、いつのまにかニキビができたということは皆に経験があることのではないでしょうか。

ニキビの予防としては、洗顔などで汚れを取るのはやって当然ですが、栄養をしっかり摂って夜はよく寝るといった健康管理も大切だと思います。
  


Posted by yosi at 22:47日記